カテゴリ:シリーズ( 18 )

かっちのコイバナ~思春期編~ vol.1

さてさて、小学校は卒業しました。中高6年男子校、冬の思春期到来です。

同じ中学でも女の子と付き合ってるやつはいて、それなりに男女関係の物心もついてきたその頃、女子高の学園祭に行ったりしてたなぁ。なーんも収穫ないんだけどね。

さておき、母親関係のボランティアで小学生に勉強を教える、というか、小学生から大学生までの人々が教えあう会があって、中3の頃週1回参加してたのね。主に小学生を教えていました。で、そこに同じ中3女子が2人。ほれ、あるじゃないですか~、出会いの場。なかでも家が近いコ(以下Sさん)とは、帰りにいろんな話をして、ボディガード代わりみたいに家の前まで送っていました。

なんだかいい関係だなぁ、と、自分でも思っていて、今度2人で遊びに誘おうかなぁ、とか考えてました。そうこうしているうちに冬が近づき、受験シーズンになると、遊びに行こうなんてとんでもなくなってしまい、しかも高校受験がなくてお気楽なボクは、ピリピリしてるとこの地雷を踏んじゃったんだな、たぶん。あるときから全然話してくれなくなり、送りもこないで、ってカンジで距離が離れてしまいました。

小心者のボクはもうその会にも行かなくなり、Sさんともそれっきりになってしまいました。今考えればさ、受験終わってから遊びに行けば、なんともなかったんだよね。そういうことにも気づかない、まだまだ精神的に未熟なおこちゃまだったのさ。

はい、告ってないからノーカウント!しつこい?www
[PR]
by katchk | 2006-05-12 14:55 | シリーズ

かっちのコイバナ~黎明編~ vol.3

小学生は今日で卒業です。はい。

4年生から6年生まで、変則的に3年間同じクラスでした。相変わらずチョコ3個ペース、ホワイトデーに義理クッキー。たまに女子と遊んだり、家にあがったりしたけど、まだまだおこちゃまでございました。

6年生になり、ボクは「たてわり委員」になりました。たてわり班といって、1年生から6年生まで学年の垣根を越えて班をつくり、遊びを企画して運営するのが仕事です。ある程度リーダーシップと企画力がないとできない委員でした。ボクのクラスでは4人がたてわり委員。会の直前は放課後に話し合ったりゲームの大道具をつくったり。けっこう濃密な関係になるわけさ。

そのなかにKさんがいました。ちっちゃくて生意気で、女子のボス的存在。男子からはうるさい女、みたいな扱いでした。でも、一緒に委員の仕事をしていると、いつもと違うかわいい一面があったり、マジメな部分もあったり。知らず知らずに好きになりました。でも、付き合うとかいう概念はないし、委員でいつも一緒にいるだけで満足でした。

そうこうしているうちに、ボクは中学から中高一貫の男子校に通うことになりました。あ~みんなともお別れだな、ていうか、もうKさんと会えなくなるなぁ。好きってことだけでも伝えなくちゃ。・・・と思いつつもそのまま時は過ぎ、卒業式を迎え、そのまま引越してしまいました。

伝えなければ伝わらない。子供心にそう思って、ボクは小学校を卒業しました。
はい、告白してないからノーカウント。ww

でも引越の日、3通もラブレターが!遅いんだよ、お前ら・・・
[PR]
by katchk | 2006-05-11 14:40 | シリーズ

かっちのコイバナ~黎明編~ vol.2

GW話もいいけど、こっちも進めなきゃね。
というわけで、勝手に自分史スタート!

まあ、メガネクンのファーストキスはおいといて、小学生男子に「好き」という感情はやはりピンとこないのではないかな。バレンタインにチョコをもらえば、それはうれしいよ。でもラブレターなんかもらって、「大好き」とか書かれてもなんだか困ってしまうばかりでした。まあ、くれたコのことなんとも思ってなかったからかもだけど。

そのなかで、ほんのり芽生えた感情。あ、このコ(以下Tさん)かわいいかも、程度だけど、3年生でした。ある日図工で同じ班になって、一緒に同じものを写生してたのかな。それで、なんか話しかけたいけど、ネタがない、と思ったら、Tさん、すんごい細い筆を持ってたのね。わ~Tさんみたいな繊細な筆、とでも思ったかな。「貸して」と切り出し、借りました。

ボクは絵が苦手で、いっつも描き終わらなくて居残りでした。その日も筆をバケツ(筆洗う用の黄色いヤツ!なつかしいw)に入れたまま居残りでした。あ~筆借りっぱなしだなぁ、と思いつつ最後に自分のお絵かきかばんに入れて、図工室を出ました。

教室に帰っても、返さなきゃ、と思いながらなかなか話しかけられない。次の図工の時間でも言い出せない。Tさん、筆のこと忘れてるのかな?・・・3年生が終わり、クラス替えでTさんとは別のクラスになりました。筆は返せないまま。

結局Tさんとは緊張してろくに話もできず、卒業までその筆は持っていました。そしてボクは引越して別の中学へ。思い出の筆だけが残りました。

あれが、初恋なのかなぁ・・・。いや、よくわからないから、ノーカウント。

ていうか、その筆いまでももってます!窃盗じゃねーか。
[PR]
by katchk | 2006-05-10 11:05 | シリーズ

つつじ祭り

文の京シリーズvol.3 ~根津のつつじ~

毎年4月からGWまで、根津神社では「つつじ祭り」が催されます。キレイなつつじ、名物酒まんじゅう、その他出店が並び、舞台でのイベント、猿回し、陣太鼓、なんかでけっこう賑やかにやってるんです。つつじって地味なのに、けっこうな人出。

f0060014_17284611.jpgf0060014_17292134.jpg
行ってきましたよ、昨日。例年GW前に満開で今頃は枯れ気味なんだけど、今年はまだ8分咲き!かな。まま、こんな画像で癒されてください。クリックして拡大!

あ~、たぶんGW中は更新できません。あしからず。
[PR]
by katchk | 2006-05-01 17:39 | シリーズ

かっちのコイバナ~黎明編~ vol.1

コナッチャンを傷つけた罰として、自らの過去を暴露、のコーナー!

ボクのファーストキスは小2でした・・・。

といっても、相手はクラスメイトの男の子。そのとき一番仲良しだったんだけど、仲良しの証としてキスを強要されたのでした。それは勘弁って、幼心にも思ったのに。クラス騒然!噂拡大!うぅぅ。女の子がよかったよぅ・・・。

結局その友達とは3年以降クラスが別になって、いっしょに遊ぶことも、再びキスすることも、なかったのであります。いまでは消息さえ不明。そんなもんです、低学年。

・・・またシリーズつくってしまった。最終的に今のことまで書くの??

そのkissノーカウントノーカウント!
[PR]
by katchk | 2006-04-13 14:29 | シリーズ

花見三昧

文の京シリーズvol.2 ~播磨の桜~

予告通り、連載第2弾!桜ピークのこの週末、めぐりめぐって6箇所。ちょっとしたサイクリングでございました。膝のリハビリにもちょうどよく。ww

さて、東京の桜の名所といえば、上野公園、千鳥が淵、北の丸公園、靖国神社、飛鳥山公園・・・と挙げればキリがないのですが、我が文京区ではココ、播磨坂です。f0060014_10383827.jpg

←この日は桜まつりで車道は閉鎖。画像の右は歩道、左は中央分離帯を活用した親水公園、さらに写ってない左に反対車線があるんですね。広~い桜のトンネルです。ちなみに敢えて逆光ww

さてさて、それではあきたらず、実は近所の清和公園→播磨坂→買出し→市ヶ谷外堀公園でちょいと1杯→北の丸公園→千鳥が淵→靖国神社、とけっこうフルコース!にサイクリングしちまいやした。いちお、写真。

f0060014_10485566.jpgf0060014_10492133.jpg←ウチから30mの清和公園。立派なもんでしょ?反対住民め。
→ちょっくら1杯の外堀公園

f0060014_10582427.jpgf0060014_10583667.jpg←北の丸公園。やっぱ混んでます。
→千鳥が淵。遊歩道まで100m以上並んでました。ボクは裏技で並ばずなんだけどぉ。
靖国神社は花見客と出店でキタナイのでカット。

というわけで、桜三昧サイクリングでした。今回はモザイクはずしました!
[PR]
by katchk | 2006-04-04 10:32 | シリーズ

桜はまだかいな~♪

f0060014_18455967.jpg
今日、東京では満開みたいですね。史上3番目に早いらしいっす。

昨日撮ったウチの前の桜です。どうぞごゆるりと。(クリックして拡大!)

電線が情緒をけがしているが・・・。

実はいわくつきの桜。マンション建設の時に住民から猛反対をくらったらしい。4本中3本を切ったんだよね。残った1本です。


ていうか、すぐ近くに桜だらけの公園があるじゃねーか!
まだビラ貼ってあるよぉ。ボクは悪くありません。
[PR]
by katchk | 2006-03-29 18:53 | シリーズ

梅は咲いたか~♪

文の京(ふみのみやこ)シリーズvol.1 ~湯島の梅~

スポーツの合間に、和の空間を。ご近所紹介シリーズ第1弾でございます。しっとりと。

先週末、湯島天神に梅をば見物にゆきました。ホントはその週の木曜がピークだったので若干枯れ気味ではありましたが、場所によってはまだまだ愛でることができました。物好きはたくさんいるもので、まあまあな人手でございました。

梅の盆栽や梅こぶ茶などが出品され、ついでに普通の屋台のみなさんも出店されてさながら梅祭り。梅こぶ茶の振舞いもあり、試飲しましたがなかなかのお味。しかしどうしても沈殿物が残り、そいつはちと酸っぱすぎるかと。屋台では玉こんにゃくを一串。黒こんにゃくを使いしっかり味もしみており、予想外に今生一番おいしくいただきました。
f0060014_1541642.jpg

次回予告 vol.2 ~播磨の桜~ 

シリーズ増やすとあとで泣きをみそうだ・・・
[PR]
by katchk | 2006-03-18 02:00 | シリーズ