厳しい敗戦

キューバに1-3で敗戦。非常に痛い1敗を喫した。

相変わらずのプレースタイルのキューバ。高さ、跳躍力を活かして力強いスパイクを打ち込んでくるが、ミスも多い。日本も十分付け入る隙はあったはずだ。しかしミスに付き合ってしまった。

相手の強打をブロックでワンタッチをとり、よく拾い、善戦はしていた。でもせっかくきたチャンスボールをスパイクミスで失点したり、連続得点の流れを加速させるプレーがなく、逆に自らミスで流れを止めてしまった。

昨日、日本のいたプールAのチームは、プールDのチームに全敗した。全勝の台湾でさえ、3敗で4位のトルコに負けた。それだけプールDのレベルは高い。

もはやメダルには全勝しかなくなった。ハードルは高いがまずは、今日のトルコ戦、必勝である。

まだ終わったわけじゃない
踏ん張れ、柳本JAPAN!
[PR]
by katchk | 2006-11-09 11:10 | 世バレ2006
<< 今クールのドラマ 選択のとき >>