秋田旅行記~能代墓参り編~

8/12
朝食もおいしかった男鹿ホテルを後にして、能代にある父方の本家へ行くことになりました。

途中、大潟村に寄りました。ココは琵琶湖に次ぐ面積を誇った八郎潟を大規模な干拓をして開発した土地なんです。干拓は数十年かかったあげく、事業途中で政策は減反へ。入植者は苦労したみたいです。←資料館より

しかし農協の産直はすごい賑わい。新鮮野菜がお買い得に売ってました。遠くから来るヒトも多いとか。東京人にはうらやましいです。田んぼを畑にして、こうやってやりくりしてるんだなぁ・・・。大潟村は事業失敗の典型例だけど、入植した人々はたくましく生きていました。

能代の本家には伯父夫婦と帰省したいとこがいました。おじさんと長く話をしたのは初めてで、なんか自分も大人になったなと思いました。いとこが実は東京のめっちゃ近くに住んでいることが発覚!歩いていけるじゃん。これから交流が始まることでしょう。

墓参りもして、祖父母に妻を初披露。お盆らしいことをしてみました。

帰り際、秋田市内にある我が社設計の団地を見学して帰りました。
f0060014_18372026.jpg

車をそそくさと返す。こすったからすばやく逃げる。(~_~;)

帰りの電車は爆睡です!
4時間ほとんど寝てたな。
あと、男鹿がいちばんよかった。
[PR]
by katchk | 2006-08-16 18:40 | シリーズ
<< 熱闘甲子園 秋田旅行記~男鹿半島編~ >>